レクサプロのウエイト上昇、吐き気の副作用

MENU

レクサプロを激安で通販できるサイトはこちら

レクサプロ,ウエイト,太る,吐き気

レクサプロのウエイト上昇、吐き気の副作用

レクサプロ,ウエイト,太る,吐き気

 

優秀な抗うつ剤、レクサプロの少ないとしている副作用に関して重点的に記載させていただいております。

 

抗うつ剤のようにメンタリティに関する薬というのは、民衆みたいに危険な想像をお持ちかもしれません。

 

何となく、リラックスはやるんだろうけど、やる気悪くなったり、眠れなくなったり、太ってしまったり始めるんじゃないの?

 

何かと酷い説が印象的に耳に入って残ってしまう時期ですから。

 

ですので、これを読んでいただき把握し、対処をし、ご安心して服用していただければとして細かく書かせていただいております。

 

ウェイト進展(抗ヒスタミン行い)

レクサプロ,ウエイト,太る,吐き気

抗ヒスタミン行いという抗うつ剤の行いがあります。

 

これは眠気、ウェイト進展に繋がる作用でありますので、眠気が副作用になる抗うつ剤は、ウェイト進展の危険性がある抗うつ剤だといえます。

 

因みにヒスタミンは脳の覚醒、食アクティビティーの管理などにはたらくカタチなので、それを押さえ付けるという事は、その逆、眠くなる、食欲が増す、という事なので食欲が増す事で、ウェイト進展に繋がってしまう、に関してになります。

 

NaSSAにこういう抗ヒスタミン行いは高めで、その次に高めなのが、三環関連、パキシルという順番になるようです。

 

レクサプロはウェイト進展の副作用は激しくないのでご安心ください。

 

でも長く、会得服用する事がいる抗うつ剤ですから、無論レクサプロにもウェイト進展の副作用が出てしまう可能性がある事を忘れてはいけません。

 

ウェイト進展に関しては、ディナーやアクションの伝統において調整するものですから、その伝統を頑張ってみてもウェイト進展が抑えられない、については抗うつ剤を変えて見るという対策を通しても良しかもしれません。

 

因みにウェイト進展の副作用が少ない抗うつ剤には、ジェイゾロフト、サインバルタ等があります。

 

吐き気(セロトニン3糧行い)

レクサプロ,ウエイト,太る,吐き気

レクサプロが属する、SSRIには吐き気、胃の違和感、などの胃腸への障壁というのが副作用としてあります。

 

何故かというと、胃腸にセロトニン受容人体があって、抗うつ剤によりこれが糧されると、吐き気に繋がる、という事です。

 

SSRIは吐き気の循環は割り方多いカタチとなっていますので、それは決意の上、飲んだほうがよいでしょう。

 

レクサプロももちろん、その循環はどうしても薄くないので、注意が必要ではありますが、吐き気という副作用に関しては、最初週から二週ほど辛抱すれば、ほぼ常識改善するカタチとなっています。

 

長く貫くものではないので、辛抱すれば大丈夫です。

 

でも我慢できないくらいの吐き気が生じた場合は、胃薬を服用すれば改善されます。

 

抗うつ剤という胃薬の併用は大丈夫です。

 

胃腸薬はムコスタやガスモチンなど、胃酸の分泌を抑制するネキシウムやタケプロンなどの薬が用いられているようです。

 

他の抗うつ剤といった比較するレクサプロの副作用

改めて、レクサプロの副作用をほか剤に対してみます。

 

■トリプタノール
【口渇・便秘】★★★【ふらつき】★★★【吐き気】☆【眠気】★★★【不眠】-【性活動障壁】★【ウェイト進展】★★★

 

■トフラニール
【口渇・便秘】★★★【ふらつき】★★【吐き気】☆【眠気】★【不眠】★★【性活動障壁】★【ウェイト進展】★★

 

■アナフラニール
【口渇・便秘】★★★【ふらつき】★★【吐き気】★【眠気】★【不眠】★【性活動障壁】★★【ウェイト進展】★★

 

■テトラミド
【口渇・便秘】★【ふらつき】★【吐き気】-【眠気】★★【不眠】-【性活動障壁】-【ウェイト進展】★

 

■デジレル/レスリン
【口渇・便秘】★【ふらつき】★【吐き気】-【眠気】★★【不眠】-【性活動障壁】★★【ウェイト進展】★

 

■リフレックス
【口渇・便秘】-【ふらつき】★★【吐き気】-【眠気】★★★【不眠】-【性活動障壁】-【ウェイト進展】★★★

 

■サインバルタ
【口渇・便秘】★【ふらつき】☆【吐き気】★★【眠気】☆【不眠】★★【性活動障壁】★★【ウェイト進展】☆

 

■トレドミン
【口渇・便秘】★【ふらつき】☆【吐き気】★★【眠気】☆【不眠】★【性活動障壁】★★【ウェイト進展】☆

 

■ドグマチール
【口渇・便秘】☆【ふらつき】☆【吐き気】-【眠気】☆【不眠】☆【性活動障壁】★【ウェイト進展】★

 

SSRI剤比較

■ルボックス/デ名人メール
【口渇・便秘】★★【ふらつき】★【吐き気】★★★【眠気】★【不眠】★【性活動障壁】★【ウェイト進展】★

 

■パキシル
【口渇・便秘】★★【ふらつき】★★【吐き気】★★【眠気】★【不眠】★★【性活動障壁】★★【ウェイト進展】★★

 

■ジェイゾロフト
【口渇・便秘】☆【ふらつき】★【吐き気】★★【眠気】☆【不眠】★★【性活動障壁】★★【ウェイト進展】★

 

■【レクサプロ】
【口渇・便秘】★【ふらつき】★【吐き気】★★【眠気】☆【不眠】★★【性活動障壁】★★【ウェイト進展】★

 

こういう世間で知るレクサプロの副作用の特色は
◇副作用は全体的に落ち着き
◇吐き気は他のSSRI剤と同じほど
という事です。

 

下にレクサプロと同じSSRI剤を並べてみましたが、パキシル、ルボックス、ジェイゾロフトの中でも副作用は少ない方に入ります。

 

副作用が少ない事で定評のある、ジェイゾロフトと同じくらいの副作用の少なさに入ります。

 

それでいて、効果もあるのでレクサプロは優秀な抗うつ剤だという事がわかると思います。

 

あんなレクサプロを購入するには、個人輸入仲介WEBで手軽に通販として購入ができます。

 

レクサプロ最前へ